生命保険に入る時期

生命保険は、大きく分けて3種類です。
一定の保険期間内に死亡したときに保険金の支払いがなされますが、契約期間が満了すればその時点で契約終了となり掛金の払い戻しがない「定期保険」いわゆる「掛捨て保険」で、一生涯死亡保障が続く保険で、貯蓄機能も持たせた「終身保険」それに、一定の保険期間内に死亡の場合は保険金が支払われ、死亡せずに満期を迎えれば同額の満期保険金が受取れる「養老保険」があります。
この3種類の生命保険にオプションとして「特約の保障」が付けられるのです。
「特約」の内容としては、死亡時の保障額上乗せや事故及び後遺障害特約それに医療保険付加などがあります。
これ以外にも保障される内容を取り決めた特約がありますが、これらは保険会社によって異なるものがあるようです。

生命保険に加入される時期としては、学校を卒業し社会人になられた時に加入すれば、年数は長くなりますが掛金は少なくてすみますし、貯蓄性のある生命保険の場合は、ご結婚やご出産によって生活環境に変化が生じた場合等、途中で別の生命保険に乗り換えることができます。
ただし、他社の保険に乗り換える場合は、解約ということになりますから、解約手数料が必要で損をすることになります。

生命保険は、どんどん進化していますので、新しい保険商品が出てくれば、ご自身の実状を踏まえて有利な生命保険に変更することも必要です。
また、生命保険に医療保障を特約として設定しておれば、不慮の事態に備えることもできますので、できるだけ若い時に加入された方がいいと思いますし、単独で医療保険に加入するよりはお得になると思います。



<特選サイト>
自身の実状を踏まえて有利な生命保険に変更するなら保険の見直しサイトが参考になります === 保険 見直し